とにかくマイルを貯めるならこのカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードが断トツ!

ANAカード,マイルとにかくANAマイルを貯めていきたいという方におすすめしたいカードを挙げるとするなら、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがいちばんでしょう。

もちろん上位カードのANAアメックス・ゴールドになれば、入会時に7,000マイル相当が得られますし、ポイント移行手数料が年会費に含まれているので、カードを利用すればシームレスにマイルを効率よく貯めていけるなど、さらにマイル蓄積に向いた特性があるのですが、いかんせんANAアメックス・ゴールドの32,550円という年会費は誰にとってもハードルにならない金額だとは言えないでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのほうが、多くの方が十分使いこなせるだろうという点で、年会費と提供されているサービスの内容のバランスがとれてくると思います。海外渡航がかなりあるという方でなければ、まずANAアメックスの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのポイント移行レートは1ポイント=1マイルです。しかもポイントは100円につき1ポイントで、一般的なANAカードのポイント還元が1,000円の利用につき1ポイントですから、マイル移行前のポイントを貯める時点で、10倍の差があります。ポイント還元と移行レートだけを見ても、カードを同じように利用した場合のマイルの蓄積スピードはANAアメックスが圧倒的に早くなります。

しかもANAアメリカン・エキスプレス・カードはポイントやマイルを取得する機会が非常に多いですね。たとえば基本的な部分で見ても、ANA航空券を購入すると、フライトボーナスマイルに加えてポイントが1.5倍で加算されます。機内販売などでもポイントは1.5になります。またANAアメックスはポイント移行コースを選択するとポイント有効期限がなくなります。マイルを無期限で貯めることができるという点もマイラーにとっては重要なことでしょう。

一般カードならANA JCBカード!

ANAカード,マイルなおANAアメックス以外の一般カードでは、ANA JCBカードがおすすめです。ポイント還元は1,000円で1ポイントですのでANAアメックスにはかないませんが、年間手数料2,100円でポイント移行が1ポイント10マイルのコースを選択できることで、結果ANAアメックスと同等のマイル付与率を実現できます。ほかのカードでも1ポイント10マイルのコースは存在していますが、移行手数料は提携カードのなかではANA JCBカードがいちばんリーズナブルです。

ANA JCBカードには期間ごとのカード利用金額によって適用期間のポイント付与率が10%〜最大で25%にアップするボーナスポイントプログラムがありますので、ポイントからマイルを効果的に貯めていくチャンスとして活用できます。

いちばんのおすすめはANAアメリカン・エキスプレス・カードなのですが、アメックスに敷居の高さを感じる方はANA JCBカードでマイルを貯めていくと良いでしょう。