旅行保険を重視 海外でも安心

海外旅行でのトラブルに備える

海外旅行保険とは渡航先で病気・ケガに見舞われたり、相手の所有物を壊して損害を与えてしまった場合の費用を補償する保険で、損害保険会社が販売しています。一般的に空港でも加入することができるので搭乗直前に海外保険に加入する方も多いのですが、海外と日本ではいろいろな面で勝手が違うので、設定されている補償金額ついて、あまり軽く考えないほうが良いでしょう。

たとえば、海外では日本と違い救急車が有料だったり医療サービスにかかる費用が桁違いに高くついたりします。それに盗難にあって金品を失ってしまうこともありますし、こちらで些細なことと考えているトラブルも大きな問題に発展してしまうことも考えられます。全てが海外旅行保険でカバーされるものではありませんが、補償額の薄すぎる海外旅行保険だと何の役にも立たないこともあります。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険についても、ただ単についているから安心ということではなく、補償金額や補償内容をしっかりチェックする必要があるでしょう。

海外に強いANAアメックス・ゴールドがオススメ!

ANAカード,旅行保険ANAカード,旅行保険旅行保険を重視してANA提携カードを選ぶなら、やはりANAアメリカン・エキスプレス・カードやANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは別格です。海外渡航が多い方はどちらかを所有していれば安心でしょう。かなり頻繁に海外に行く機会が多い方は、できればANAアメックス・ゴールドをおすすめします。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、海外旅行傷害保険の場合、国際航空券やツアーの代金などをANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払うと、傷害死亡・後遺障害補償が最高1億円まで補償され、国内旅行傷害保険の場合でも、チケットをカードで購入した公共交通乗用具に搭乗中の事故による傷害死亡・後遺障害補償が最高5,000万円となっています。またANAアメックス・ゴールドの場合は航空券やチケットの購入にアメックスを使って以内場合でも、海外渡航中の傷害死亡・後遺障害補償が5,000万円まで補償されるという手厚い内容です。

ANAアメックスでは、カードで航空券やチケットを購入することが前提になりますが、海外旅行傷害保険で傷害死亡・後遺障害補償が最高3,000万円まで、国内旅行傷害保険の場合で公共交通乗用具に搭乗中の事故による傷害死亡・後遺障害補償が最高2,000万円まで補償されます。国内旅行の補償金額は1,000万円でも良いので、海外旅行中の補償はできれば4,000万円程度確保できるとベストですが、いずれにしてもANAアメックスランクのカード付帯保険ですと旅行保険としては安心できるレベルと言えます。

なお、カード付帯保険で補償額が不足する場合は、別途海外旅行保険に加入することも検討しておくと良いですし、ほかに旅行保険付帯カードを持っているなら、死亡・後遺障害保険は加算できないのですが、疾病治療保険・傷害治療保険は、「発行会社の違う」複数のカードを持っているとその上限金額が加算されますので、まず手持ちのカードの旅行保険の内容を一度全てチェックしてみることをおすすめします。